自律神経失調症の症状のひとつ、咽喉頭異常感症の症状や原因について


スポンサードリンク

咽喉頭異常感症(自律神経失調症症状)

咽喉頭異常感症とは、のどに異常感が訴えられるが、耳鼻咽喉科の診察では通常訴えに見合うような病変が見られない疾患です

咽喉頭異常感症の症状

咽喉頭異常感症には、のどから食道にかけて異物が引っかかっているような気がする、ものを食べたり飲んだりはできるけれど、いつものどのあたりが気になって圧迫感を感じるなどの症状や、のどのつかえを感じて息がしにくいなどの症状を訴えるケースもあります。
内視鏡検査の結果、のどに異常がなくても、喉の引っかかりを感じて気になるという意味では、心臓が気になる心臓神経症と同じようなものといえます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ