心療内科について(自律神経失調症)


スポンサードリンク

診療内科について(自律神経失調症治療法)

自律神経症状がなかなかよくならないという場合は、心療内科で診察を受けるとよいでしょう

自律神経失調症は心療内科を受診しましょう

自律神経失調症の症状は、頭痛、不眠、イライラなどの漠然とした症状が多いため、よほど症状がひどいか、良いタイミングや機会がなければ、病院へ足を運ぶことがなかなか出来ない疾患です。しかしながら自律神経失調症も重症になってから、どうしようもなくなり病院へ行く方が多いですが、自律神経失調症も、軽い段階で対処すれば回復も早いので、早期発見、早期治療がなにより大切になります。そのため、自律神経失調症の可能性のある方は心療内科を受診しましょう。

自律神経失調症かなと思ったとき、何科を受診するかも重要なポイント

一般内科の受診について

自律神経失調症は様々な症状が現れる特徴をもっているため、一般外来(内科)などを受診しても、検査の結果、異常所見や病変がなければ症状の原因が分からず、異常なしと診断される事もあります。たとえ病名がついたとしても「自律神経失調症」とか「慢性胃炎」「頸肩腕症候群」「メニエール病」「不整脈」「不定愁訴」などと診断されて総合的な治療が受けられないおそれがあります。また、その科の治療だけに限定した対症療法が行われるので、同一の病気なのに、頭痛とめまいのある人は、神経内科と耳鼻科の両方で病名をつけられ、両方に適わなければならないことになります。このように、症状に対する対症療法をされた結果、自律神経失調症が治らない結果となります。

精神科の受診について

精神科の専門である精神症状は、分裂病やうつ病のように薬で改善するものもあれば、神経症のように時間をかけたカウンセリングが必要なものもあります。精神障害に伴う自律神経失調症状は、症状の原因である精神障害が改善すれば消えます。しかしながら、自律神経失調症が共存している場合は自律神経失調症の治療も必要です。
精神科の医師は一般に精神分裂病や重症の精神障害に目が向きがちで、身体疾患は専門外のため、自律神経失調症の治療第一の選択として、心療内科へ行くことをおすすめします。

心療内科の受診について

心療内科は、病院によっては心身医療科とも称している科です。心療内科は内科に属し、体と心を総合的に診察してくれます

心療内科では、身体検査からカウンセリングと、心と体の両面から幅広いスタンスで診察してくれます。

心療内科と一般内科の違いについて

一般内科は、身体症状や器質的異常の有無をみて診断と治療をするため、機器による身体検査で異常所見や病変がなければ、異常なしで終わってしまいます。一般内科は機器による身体検査だけのデータで、機器や薬物による治療しかしませんが、心療内科では機器による診断・治療に加え、カウンセリングも行われます。このため、病気の形成メカニズムや背景を深く探り、病人を全人的に理解し、診断治療をする点が大きく異なります。心療内科は、機器による身体検査をするのはもちろんのこと、たとえ器質的異常が見つからなくても、その症状を起こした原因を心の面からも探り、心身両面からの心身医学的治療を行います。心療内科は、ストレスが原因で起きた病気をみてくれる科と思えばいいでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ