睡眠薬の服用と注意点や副作用について(自律神経失調症治療)


スポンサードリンク

睡眠薬(自律神経失調症治療法)

睡眠薬は、中枢神経系の働きを抑えて眠りを誘発します
薬

自律神経失調症の方で極度の心理的ストレスを受けている方の多くは慢性の不眠に陥っています。
質のよい睡眠をとって、朝気持ちよく目覚めることは、健康生活を送るための基本です。
いずれにせよ、心へのアプローチを進めていくうえでも、不眠を解消しなければなりません。

不眠のタイプに

入眠障害

床について眠ろうとしてもなかなか寝つけない

熟眠障害

寝ついたものの、眠りが浅く夜中に目が覚める

早朝覚醒

朝まだ暗いうちから目が覚めてしまい、眠ろうとしても眠れない

睡眠薬の処方について

不眠の改善には薬を使います。抗不安薬や抗うつ薬にも眠けを誘う作用があり、程度の軽い不眠であれば、これらの薬で眠ることができます。しかし、抗不安薬や抗うつ薬で解決しないような頑固な不眠や、身体症状とともに強い不眠を訴える場合などには睡眠誘導薬(睡眠薬)を用います。これは中枢神経系の働きを抑えて眠りに導いてくれる薬です。

不眠のタイプに合わせて薬を選ぶ

睡眠誘導薬は、不眠のタイプに合わせて種類を使い分けます。使い分けの目安としては薬の半減期がポイントになります(半減期とは、薬を飲んでから血中の薬の濃度が半分になるまでの時間)。半減期の短い薬ほど、効果が持続する時間も短いということになります。一般に使われている睡眠誘導薬は、この半減期の長さに応じて、超短時間型、短時間型、中間型、長時間型の4種類に分けられます。
自律神経失調症の患者さんに比較的多くみられる入眠障害には、超短時間型や短時間型の睡眠誘導が、熟眠障害、早朝覚醒には、中間型の睡眠誘導薬がよく使われます

睡眠誘導薬の副作用について

睡眠誘導薬の服用期間と量は、必ず医師の指示をまもりましょう。

睡眠誘導薬には習慣性があります。そのため、長期間に渡り薬を飲みつづけると、身体的にも精神的にも、薬がないと眠れなくなってしまうおそれがありますので注意が必要です。

アルコールとの服用は危険

睡眠誘導薬は、アルコール類と一緒に服用するのは絶対厳禁です

睡眠誘導薬や精神安定剤は、アルコールと一緒に服用すると呼吸中枢や血圧中枢の働きを抑えてしまうこともありますし、一時的に精神錯乱を引き起こすこともあります。非常に危険な行為になりますので、お薬の服用中は禁酒もしくは最低でも2時間以上時間をおいてから服薬してください。

スポンサードリンク

ページの先頭へ