スポンサードリンク

心理療法(自律神経失調症治療法)

心理療法とは、社会にうまく適応できるように、心理的な背景を理解して病気を起こす原因となっている問題を探し出して解決、さらに自分でストレスをコントロールする方法を身につける事が目的

向き不向きはありますが、心理療法は神経症では最も重要な治療法です。また、心身症やうつ病でも薬による治療に加えて心理療法が必要です。

心理療法の種類

【カウンセリング、認知行動療法、簡易精神療法、交流分析、行動療法、精神分析療法、内観療法、森田療法、自律訓練法、バイオフィードバック法】

※心理療法は、症状や、年齢、性格、環境などを広く考慮して決定されます

心理療法と自律神経失調症について

自律神経失調症の治療には、精神症状を伴い、心理的な要因が大きく関わっているため、治療では身体面とともに、心理面へのアプローチがとても重要です。

心理療法の質問範囲

心理療法で聞かれることは、どのような症状があるか、いま悩んでいることは何か、受診した理由、職場や家庭での人間関係、仕事のこと、ライフスタイルなどです。これらについてくわしく聞き出し、あらゆる方面から患者さんのストレスの原因を探っていきます。性格や行動の特性、考え方、ストレス管理、活動意欲なども調べます

スポンサードリンク

ページの先頭へ