自律神経失調症の治療に伴う心理テストの種類などについて


スポンサードリンク

心理テスト(自律神経失調症治療法)

心理テストは、性格的特徴や不安の度合いなどをみるための検査で、心理的な要因を探っていくことが心理テストの目的です

自律神経失調症は、心理的な要因が深く関わりが大きな心の病です。
そのため、心理テストなどを使用して、性格やストレス度合いをチェックする事は、自律神経失調症のタイプを知る重要なポイントになります。
自律神経失調症の多くは心理的な要因が大きくかかわっているため、その症状の背景にどんな心の問題が潜んでいるのか、あるいは、その人の性格がどのように影響しているのかを探ることが、重要なポイントになってきます。問診で聞かれたプライベートなことも、この心理状態や性格を見る目的がありました。しかし、これはほんのさわり程度のものです。心理状態や性格傾向、人格の成熟度を本格的に調べるために、医師や心理療法士による面接が行われます。また、多くの心療内科では、これと並行して心理テストも活用しています。心理テストによって本人も気づいていなかったストレスや性格などを把握できたり、自律神経失調症のタイプを判断したりすることができれば、より適切な治療を施すことができることになります。

代表的な心理テスト

神経症傾向

CMIやTMI

ストレス度

SCLやストレス耐性を見るSTCL、

性格的特性

Y-G性格検査

不安の度合い

MAS

うつ状態の度合い

SDS

精神・心理・人格を多面的に評価

MMPI

自我の状態や人格構造

エゴグラム

※心理テストは、いくつかを組み合わせて実施されることが多く、独自に作成した心理テストを用いる場合もあります

スポンサードリンク

ページの先頭へ