スポンサードリンク

理学療法(自律神経失調症治療法)

軽い身体的な症状には効果的

自律神経失調症には、肩こりや手足のしびれ、腰痛、頭痛といった身体症状を訴える人が多いため、理学療法は効果的です。
ロウソクの火
理学療法とは、指圧やマッサージ、鍼灸などを施すほか、温熱や電気、光線などを照射して、患部を直接刺激する治療法になります。
病院などでは、厚生労働大臣から免許を受けた専門の理学療法士が、医師の指示のもとに行います。

理学療法の目的は、硬くなった筋肉をほぐし、乳酸などの老廃物を取り除いたり、骨格のゆがみを修正したりすることで、血行をよくして痛みやこりを解消する事です。

理学療法は上手に活用しよう

鍼灸や指圧、整体、カイロプラクティックなど専門の治療院には、健康保険が適用されるところもありますので、上手に利用するといいでしょう。しかしながら、理学療法はあくまでも一時的な改善策になりますので、当然ながら、自律神経失調症は理学療法だけでは治りません。理学療法を上手に取り入れながら、根本的な自律神経失調症の治療が必要になります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ