自律神経失調症になりやすい性格の特徴と、なりにくい性格について


スポンサードリンク

自律神経失調症と性格(自律神経失調症症状)

性格も自律神経失調症と深い関わりがあります。ストレスに対する抵抗力というのは、その人の性格によるところが大きくしめます。ストレスに弱いとされる性格には、いろいろなパターンがあります。一般的には、感情を抑え込んでしまう方や感情の表現や処理のしかたが下手方、からだの生理的な欲求をコントロールしがちな方は特に要注意です。

性格とストレス感受性

ストレスへの抵抗力が弱い人は、自律神経失調症に特に注意が必要です。内的な要因には、性格特性や考え方、遺伝的な気質があります。つまり、ストレスに対して抵抗力の弱い性格や気質の人ほど、自律神経系のバランスをくずしやすいということです。どんな性格の人がストレスに対する抵抗力が弱いかというと、一般的に次のタイプが要注意です。

まじめで仕事も熱心にこなすが、決まったバターンを好み、めったなことでは脱線しない。こういうタイプは感情を発散することができないため、抑圧されたエネルギーがどんどん蓄積されて、視床下部の調節を狂わせる。
自己表現が苦手な、内向的で自分の感情を押し殺してしまう人は、周りからは、人に気をつかう〝いい人″に見られますが。ところが、自分の中にたまったストレスをうまく解消できないので、抑圧されたエネルギーがたまってしまい、その結果、自律神経系の働きを乱してしまいます。

感情を把握しきれないのタイプの方は、他人の心を思いやることが苦手で情緒が不安定なため、対人関係でトラブルを起こしやすい傾向があります。環境の変化に対する適切な感情の認知や表現ができないため、視床下部に混乱した情報がインプットされ、自律神経にも混乱をきたします。
「感情未分化型」も、自己中心的で、ささいなことにかんしゃくを起こし、社会への適応性に欠けるため、自律神経の失調を起こしやすいといえます。心を鍛える努力もたいせつこのほかには、「A型人間」と呼ばれる性格の人も、自律神経失調症になりやすいといわれます。これは血液型のA型ではなく、性格や行動のパターンをさすものです。

忙しいのを理由に空腹をがまんしたり、便意を無視したりなど、生理的欲求を長い間抑えていると体はだんだん情報を発しなくなる。また、しつけなどによって、生理的欲求や身体感覚を表現するのをはしたないと教え込まれている場合も同様である。
からだをコントロールしがちなタイプの方は、上昇志向が強く、野心的で、完全主義者。仕事でも有能で、攻撃的、支配的、敵対的に競争する頑固な特徴を持っています。このタイプの人は、狭心症や心筋梗塞などの心臓病にもなりやすいことが知られていますので注意が必要です。交感神経の緊張状態がつづくことがその原因の一つで、自律神経系の失調の原因にもなります。

自律神経失調症になりにく性格

物事にクヨクヨせず、のんびりとマイペースで、じょうずにストレスを発散できる人が、いちばん自律神経失調症にかかりにくい人であることがわかります。
性格や気質は、自分では明確に把握できず、たとえ把握できたとしても、体質と同じでそう簡単に変えられませんが、自分を内省して、直せる部分は直し、心を鍛えるといった努力をしてみましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ