自律神経失調症の症状の一つである、月経前症候群の症状と原因について


スポンサードリンク

月経前症候群(自律神経失調症症状)

月経前症候群は、更年期障害と同様に、女性特有の自律神経失調症として知られています。月経前症候群も更年期障害と同様に、女性ホルモン分泌の変動が自律神経の中枢に影響して起こる女性特有の疾患です。

月経前症候群の症状

女性ホルモンのバランスがくずれると、自律神経の働きにも乱れが生じます。女性ホルモンのバランスが崩れることにより、自律神経の働きに乱れが生じるため、さまざまな症状が現れます。多くは、月経が始まる1週間前ぐらいから、イライラしたり、訳もなく不安で落ち着かなくなったり、気持ちが高ぶるなどの精神症状が現れます。また、からだに現れる月経前症候群の症状は更年期障害と似ていて、顔のほてり、のぼせ、肩こり、頭痛、めまい、吐き気、手足のむくみなどの症状になります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ