自律神経失調症の症状のひとつ、金縛りの原因と症状について


スポンサードリンク

金縛り(自律神経失調症症状)

金縛りは、自律神経失調症の発作的な症状のひとつです

金縛りとは、睡眠中、意識があるのに呼吸が自分の思うようにならない、動博がする、動けない、声が出せないというような症状の事をいいます。よく、心霊現象だと言われているこの症状は、医学的には自律神経失調症の症状のひとつになります。

睡眠と金縛りのメカニズム

睡眠は、眠りが徐々に深くなり、深睡眠を経てレム睡眠という浅い睡眠になります。ちなみに、夢を見る事が多いのはレム睡眠です。この睡眠の1サイクルには60~90分ほどかかり、一晩に睡眠サイクルが4~6回繰り返されます。目覚めるときに、睡眠サイクルが終わりのところで目覚めると、すんなりと起きられます。ところが、レム睡眠の真っただ中で目覚まし時計などで強制的に起こされると、自律神経が乱れてしまいます。レム睡眠期の脳は活動に近い状態になっていますが、肉体は弛緩状態のままなので、筋肉の力が抜けぐったりとしているため、動けない、声が出せないという金縛り症状が起こります。レム睡眠中は、自律神経系が不安定な状態になっているため、呼吸や脈が不規則で、胸苦しさや動博を感じることも少なくありません。また、明け方に寒け発作を起こしてしまうケースもあります。これは、歯がガチガチして体が震えたり、手足が冷たくなってしまう症状です。怖い夢を見ることもあります。このような症状も短時間で消えますが、ふっと正常に戻ったときにどっと疲れた感じになるのも特徴的です。このような症状は、自律神経が非常に緊張したために起こる疲れが現れる症状です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ