自律神経の働きと仕組みについて。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、それぞれがバランスを取り合いながら体をコントロールしています


スポンサードリンク

自律神経の働きと仕組み(自律神経失調症症状)

からだの神経系により私たちのからだは統制されています

自律神経とは、意識的にコントロールできない神経の事で、私たちのからだには、神経が網の目のように張り巡らされています。
この神経系は、脳から出された指令や情報を各器官や末端組織に伝達したり、身体各所の情報を脳に伝えたりする役割をもっています。

神経系の分類

神経系は、「体性神経」と「自律神経」に分けられます

体性神経

体性神経には、知覚神経と運動神経があります。体性神経は、自分の意志でからだを動かすための神経です。

自律神経

自律神経は、意志とは関係なく各器官の必要に応じて動く神経です。気温が高くなると自然に汗が出てきたり、緊張すると鼓動が速くなったり、寒いときに鳥肌が立つのも、この自律神経が自動的に働くためです。

体性神経と自律神経のバランス

体は常に神経系のバランスよく働き正常に機能しています。たとえば、呼吸は自律神経により睡眠中も続けられますが、体性神経によって意識的に止めたり、深呼吸をしたりすることもできます。

自律神経の役割

自律神経は、からだの内部からの情報や外部からの刺激に対し、あくまでも自動的に反応する神経です。なぜ、自動的に働くのかというと、私たちのからだには、内外のどんな刺激や変化を受けても、形態的かつ生理的状態を一定に保とうとする、ホメオスタシス(生体恒常性)という機能が備わっているためです。自律神経は、循環・消化・代謝・体温調節などの機能をコントロールするなどの生命維持のための重要な役割を担っています。

自律神経の分類

自律神経には、「交感神縫」と「副交感神経」があります

交感神経

交感神経には、エネルギー消費的な働きがあり、仕事やスポーツなどをするときに心臓の鼓動や血圧を高め、精神活動を活発にします。

副交感神経

副交感神経には、肝臓や消化器官の働きを活発にしてエネルギーを蓄えさせたり、睡眠や休息をとるときに優位に作用します。また、自律神経は感情の変化にも呼応して作動します。たとえば、驚きや怒り、恐怖などを感じると、からだが震えたりするのは交感神経が興奮するからです。逆に、副交感神経は、緊張から解き放たれたときやエネルギーを回復させるときに働くのです。
このように2つの神経は、それぞれの器官や感情の変化に対して反対の作用をおよぼすので、必要に応じて自動的にどちらかの働きに切り替わるようにセットされています。

交感神経と副交感神経の働きについて

交感神経と副交感神経の働きをまとめると、交感神経は緊張・活動型で、からだのエネルギーを消耗状態にさせるもの、副交感神経は休息・体力回復型で、からだのエネルギーを保存・回復させる神経系です。しかしながら、自律神経は非常にデリケートなため、生活のリズムや感情の急激な変化により、交感神経と副交感神経との微妙なバランスがうまく保たれなくなることがあります。このように、自律神経のバランスが崩れることにより様々な症状が現れるのが【自律神経失調症】です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ