自律神経失調症状の症状のひとつでもある方偏頭痛の症状や原因について


スポンサードリンク

方偏頭痛(自律神経失調症症状)

頭痛
自律神経失調症の症状のひとつである【方偏頭痛】は、側頭部の表面にある動脈が何かのはずみに収縮し、その反動で逆に動脈が拡張してしまったときに起こる頭痛です。
方偏頭痛の特徴は、こめかみの脈打つようなズキズキした痛みです。頭痛の起きはじめに目がチカチカしたり、頭痛がひどくなると吐き気や嘔吐を伴うこともあります。朝目覚めたときにすでに頭痛が起こっているということも多く、体を動かしたり、入浴すると悪化します。方偏頭痛が起こるキッカケには、アルコール、タバコ、生理などのほか、精神的興奮や緊張を強いられる仕事などのストレスが大きく影響します。頭痛というと、脳腫瘍、くも膜下出血などの病気が連想されますが、脳腫瘍やくも膜下出血などの病気で起こる頭痛と片頭痛では頭痛の症状が異なります。典型的な片頭痛の場合は問診だけでも区別できます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ