自律神経失調症の症状のひとつ、更年期障害の原因と症状について


スポンサードリンク

更年期障害(自律神経失調症症状)

女性ホルモン系の失調症状

自律神経失調症は、男性より女性のほうが圧倒的に多い特徴がありますが、原因は女性ホルモンの分泌と関係していると考えられています。
女性は、初潮から始まり、毎月の生理、妊娠、出産、授乳、そして閉経と、長い期間にわたってホルモン分泌のリズムが変化し続けます。そのために、ホルモンバランスが乱れる機会が女性は多く、このようなホルモンの変調が原因でも自律神経失調症がおこります。
ホルモンの分泌を調節している中枢は、脳の中の視床下部にあり、この視床下部には自律神経の働きをコントロールしている中枢もあり、お互いに密接な繋がりを持っています。ホルモン分泌のバランスが乱れると、その影響が自律神経の中枢にまで及び、自律神経にも乱れが生じてしまい様々な失調症状が現れます。

更年期とは

更年期とは、閉経を迎えるその前後数年間のことをいいます。個人差がありますが、日本人の平均では、40代後半頃からです。更年期に入ると、月経周期の不順、月経血の増減、不正出血が見られるようになり、やがて閉経となります。この時期に現れる自律神経失調症状を更年期障害と呼んでいます。

更年期と自律神経失調症

卵巣の機能が徐々に低下し、やがて排卵が起こらなくなると、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の分泌も低下します。これと反比例するように、脳下垂体からの性腺刺激ホルモンの分泌は急激に上昇します。こうしたホルモン分泌の変調が自律神経中枢に影響して、自律神経失調症が起こるのです。

更年期障害の症状

更年期障害の代表的症状に、ホットフラッシュがあげられます。このホットフラッシュは、血液循環をコントロールしている自律神経の失調のために起こる症状で、顔のほてり、のぼせ、発汗、頭の重い感じなどに悩まされます。時と場所を選ばず、突然症状が現れますが、通常は数分で自然におさまり、これを一日に数回から多い人では十数回繰り返します。
このほか、動博、肩こり、頭痛、耳鳴り、めまい、腰痛、下痢、便秘、食欲不振などの身体症状に加え、不眠、憂うつ、イライラ感、記憶力減退、集中力減退、性欲減退などの精神症状が現れることも多く、こうした症状の現れ方やその程度には個人差があります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ