良い医者の条件と自律神経失調症の治療について


スポンサードリンク

良い医者の条件(自律神経失調症治療法)

よい医師の見分け方とは


医者
自律神経失調症の治療では、デリケートな問題を扱ったり、かなりプライベートに踏み込んだ話をしたりするため、良い医者を探す事がなにより治療のポイントになります。とくに自律神経失調症の診断は、医師の診断もまちまちながら、治療方針も異なります。そのため的確に診断して、適切な治療を行ってくれる医師を見つけることが治療のカギを握ることになります。一般の患者さんにとって、良い医者を探すことは、医学の知識に乏しいため通常は非常にむずかしいことです。しかしながら、最低限度の判断基準はあります。まず重要になるのが、話をきちんと聞いて、十分時間をとった総合的な診療をしてくれるかどうかになります。忙しい医師は、検査データだけをみて、異常ありませんですませようとします。患者さんは、現実につらい症状があって、なんとかしてほしいから診察を受けにきたのですから、データ上の数字しかみようとしない医師は、自律神経失調症の治療医としては失格です。このような医師はやめたほうがいいでしょう。特に、精神科で3分診療しかしてくれないようであれば、医師をかえるべきでしょう。また、よい医師にめぐり会えないと、次々と病院をかわる人もいますが、あまりに医師を変えすぎるのもよくありません。

良い医者の条件

自律神経失調症に理解がある

話をよく聞いてくれる

検査データだけに頼らず、性格、行動、心理などを問診してくれる

症状の出る理由や治療法などを分かりやすく説明してくれる

安心感が持てる

患者に合った適切な治療をしてくれる

気長に治療してくれる

どんな病気でも、最初は「ほんとうにこの医師でだいじょうぶだろうか」と不安をいだくものですが、ひとまずは、その医師を信頼しようという気持ちを持つことが大事です。そうして医師と患者さんの信頼関係ができ上がれば、その後の治療もスムーズに運んでいきます。人間ですから医師との相性の問題もあると思いますし、医師や医療に従事する人たちがすべて、その専門職にふさわしい資質を備えているとは限りません。個人的なことを話すのは抵抗があるかもしれませんが、まともな医師は、患者さんのプライバシーを外にもらすことはありません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ