スポンサードリンク

自律神経失調症チェック(自律神経失調症症状)

自律神経失調症であるかどうか、自己チェックをしてみましょう

身体症状について

体がぐったりしたり、疲れがなかなか取れない事がよくある

息苦しくなったり、胸が締め付けられる事がある

心臓がドキドキしたり、早く打って気になることがある

あまり寒くないのに、手足がひどく冷えたり、しびれ、痛みを感じる

食べると胸がムカムカして胃もたれをしたり、食欲がなくなったりする事がある

便秘、下痢を繰り返したり、お腹が鳴る、腹が張るという症状がよくある

首がこったり、頭が痛かったり重かったりして、憂鬱な気分になる事がある

緊張すると、手や脇の下に汗を多量にかいたり、体がホテッて汗を沢山かくことがある

耳鳴りがしたり、立ちくらみ、めまい、のぼせをよく経験する

10

皮膚に発疹が出やすかったり、すぐに赤く、のぼせをよく経験する

生活状態について

家庭、職場、学校など、日常生活場面でいつも気になる未解決問題をかかえている

自分の明日の生活、将来の生活に不安やあせりがある。いつも精神的に不安定である

対人関係や仕事などで、いつも頑張りすぎてしまい、疲労困憊してしまっている

他人の評価や視線が気になる

他人の意見などに影響をうけやすい

毎日顔を合わせる人に対して気を許すことができない

自分の周りに常に、相容れない感情的な人がいる

病気がちで、身体的に自身がなくいつも消極的

気分によって頑張りすぎたり、やる気がなくなったりする、喜怒哀楽が激しい

10

毎日の生活にいきいきした感動がなくなり、なぜ生きているのか分からなくなる

自律神経失調症と診断されるのは??

①【身体症状】と【生活状態】の両方、またはどちらかに、3つ以上当てはまる。
②身体症状が、【頭と皮膚】、【頭部と腹部】など、一見関係性のないところにでてくる。
③身体症状が体を少しやすめても、気分転換をしてもなかなかよくならない。または悪化、固定化していく。

※これら3つに該当される方は自律神経失調症の可能性がりますので【心療内科】へ行くこ事をお勧めします

スポンサードリンク

ページの先頭へ