自律神経失調症の原因について。自律神経失調症の原因にはストレスがなにより関係をしていますが、その他にも、内的要因や外的要因様々な原因が複雑に入り組んで発症します


スポンサードリンク

自律神経失調症の原因(自律神経失調症症状)

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスの乱れが原因です

交感神経、副交感神経のバランスが乱れる原因には、内的要因と外的要因に大きく分けられます。
自律神経失調症発症の原因には、内的要因と外的要因が複雑にからみ合って起こるため、原因を明確に特定するのは非常難しくなります。

1.自律神経失調症の症状が多いこと、2.原因が分かりにくいこと、この2つが自律神経失調症の特徴のひとつです

内的要因(体質、気質、性格、考え方、習慣、トラウマなど)

失恋、失業などにより夜眠れない、無気力になってしまうなど、個々の性格により、ストレス耐性が異なるため、自律神経失調症になりやすい方もいます。

外的要因(環境、対人関係、気候、騒音)

外的要因とは体や心に影響を及ぼす外部の様々な要因になります。
外的要因も自律神経失調症の原因のひとつです。【文化、社会状況、経済状態、職場環境、家庭環境、対人関係、気候、騒音など】

自律神経失調症の最大の原因はストレスです

ストレスには、肉体的な過重負荷もあれば、不安や悩みといった精神的ストレスもあります。
何かの理由で強いストレスがかかってしまい、許容範囲を超えてストレスを貯めこんでしまったときに、自律神経のバランスが乱れ、自律神経失調症になっていきます。

自律神経失調症にどのように対処するかがポイントになります

自律神経失調症状を解消するには、機器による身体検査以外のカウンセリング、心身症、うつ病、神経症などの的確な診断をすることが重要なポイントになります。
自律神経失調症状を伴う病気は、いくつもの原因が複雑にからみ合って起こる事が多いですが、単一の原因の場合であっても、比較的簡単に改善できるケースもありますが、殆どの自律神経失調症がそうではありません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ