自律神経失調症の症状のひとつでもある、心臓神経症の原因や症状について


スポンサードリンク

心臓神経症(自律神経失調症症状)


心臓神経症とは、突然、胸がしめつけられるように苦しくなったり、動博、胸痛、胸部圧迫感があるのに、心電図などの検査をしても異常がでない症状です。心臓神経症には過呼吸症候群を伴うことも多く、心臓に重大な異常があるのではないかという不安感や恐怖感が目立ちます。発作はストレス状況でよく見られますが、食後や横になっているような、くつろいでいるときに起こるケースもあります。

この、心臓神経症は特に神経質な人に現れることが多い症状です。心臓神経症は交感神経が過剰な反応をしてしまうために起こる症状だと考えられています。


心臓神経症の注意点

心臓神経症の症状である不整脈は、狭心症などでも起こるために心臓の専門医の診察や検査により狭心症などではないかを確かめる必要があります。発作時は強い不安を伴うので、心配しているよりは病院を受診して心電図検査を受け、心臓疾患がないか検査をしましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ