自律神経失調症の症状のひとつ、アトピー性皮膚炎について


スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎(自律神経失調症症状)

アトピー性皮膚炎は、アレルギー(免疫系の過剰反応)だけでなく、自律神経失調症とも関わりがあります

アトピー性皮膚炎では、交感神経が緊張気味で毛細血管が収縮傾向にあるため、皮膚が青白く、くすんでおり、皮膚温度も低く、乾燥しやすい特徴や再発を繰り返し、慢性的症状が長く続く特徴があります。
皮膚はストレスの影響を受けやすい臓器です。
疲労や精神的ストレスが続くと、アトピー性皮膚炎やじんましんなどが起こることがあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ