抗うつ薬の服用と副作用について(自律神経失調症治療)


スポンサードリンク

抗うつ剤(自律神経失調症治療法)

抗うつ剤は、脳の神経を刺激し精神活動を活発にする薬です。脳細胞をつなぐシナプス内で、アドレナリン、セロトニンなどの神経伝達物質の濃度を保つ作用があり、精神活動を盛んにします。

自律神経失調症を訴える方の中にも抑うつ状態に陥っている人がいますが、殆どの場合、自律神経失調症ではなくうつ病です。
うつ病の精神症状が強いケースでは、抗不安薬を使用しても、不安感やイライラ感などの症状が改善されないために、抗うつ薬が必要になります。自律神経失調症状を訴える患者さんの抑うつ状態や悲哀感をやわらげると同時に、行動や思考面での抑制をとり除き、行動する意欲をわかせてくれます。抑うつ症状が軽くて、うつ病か、神経症のうつ状態かが区別できないときは、治療的な診断として、2週間ほど抗うつ薬を投与することがあります。うつ病には抗うつ薬が非常によく効きます。服用した結果、目に見えて症状がよくなれば、自律神経失調症ではなく、うつ病ということになります。しかしながら、神経症や心身症としての自律神経失調症による抑うつ状態を、抗うつ薬だけで治そうとするのは無理があります。

抗うつ薬の副作用について

抗うつ薬の副作用には、口の渇き、動博や手足のふるえ、眠け、ふらつき、立ちくらみ、便秘、排尿困難などの症状が上げられます。通常副作用は数日間で消えてくため過度の心配は不要です。しかしながら副作用が長く続くときは、主治医に相談してください。

抗うつ薬は、効果が現れるまでに時間がかかる

抗うつ薬は通常、抗うつ効果が出始めるまでに即効性の薬でも1~2週間ほどかかります。そのため、効果が現れる前に副作用が起こります。副作用が起こったからと、服用を勝手にやめてしまう事はないようにしましょう。抗うつ薬は、副作用に慣れてきたころに、効果があらわれます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ